学校長あいさつ

和歌山県立串本古座高等学校
校長  愛須 貴志

 串本古座高等学校のホームページにアクセスしていただき、ありがとうございます。
 本校は今年、創立100周年を迎えます。串本校舎は大正7年に串本町立串本実業学校として、そして、古座校舎は同じく大正7年に古座町・高池町・西向村学校組合立古座実業学校として開校され、幾度か校名変更がありましたが、昭和23年の学制改革により和歌山県立串本高等学校、古座高等学校として、それぞれの道を歩んでまいりました。平成20年、第1期和歌山県立学校再編整備計画により串本高等学校と古座高等学校が統合され、串本校舎と古座校舎という2つのキャンパスを持つ串本古座高等学校として再スタートしました。両校舎とも、それぞれの伝統、校風を大切にしながら、社会を形成する人間として自ら考え、学ぶ力を育てるという共通の教育目標をもつことで、1つの学校としての一体性をもって歩んできましたが、地域の過疎化が進み、生徒数が減少する中、高等学校の適切な規模を維持していくことが困難になってきました。そのため、平成28年度には串本古座高等学校における再編整備計画(第2期)が実施され、平成29年度より古座校舎の生徒募集を停止し、串本校舎に募集を集約することになりました。長い間、地元に親しまれ、幾多の素晴らしい卒業生を輩出してきた串本古座高等学校古座校舎は、残念ながら平成31年3月をもって、その幕を閉じることになります。
 3クラス募集となった串本校舎は古座校舎の伝統を受け継ぐとともに、串本・古座川地域の唯一の高等学校として、魅力ある学校作りに取り組んでおります。本校にはクリエイティブ・グローカル・アドバンストという3つのコースがあります。大学進学を希望する生徒が選択するアドバンストコース、この地域が持つ教育資源(水産・ジオパーク・マリンスポーツなど)を最大限に活用し、将来のこの地域を担う人材を育成するグローカル及びクリエイティブコースを展開しています。本校は「地域と共に歩んでいく学校」として串本町・古座川町と連携・協力に関する提携を結び、両町の支援を受けながら、少しでも地域の活性化に貢献することを目指しています。
私たち教職員は、これまで以上に生徒一人ひとりを大切にし、きめ細かい指導を行うことによって生徒の希望進路の実現をサポートしていきます。そして、地域と共に歩む学校として、地域や保護者の皆様に信頼される学校を目指して取り組む所存でございます。本校への一層のご支援、ご協力をお願い申し上げます。

地域協議会

 平成28年7月21日に、本校の魅力化及び活性化に向けて串本、古座川両町長をはじめとして、様々な分野・方面よりご参加、ご協力を頂き、地域協議会を発足させました。また、平成29年度にコミュニティースクールに指定され、学校に対する貴重な意見を頂戴する中で、串本古座高等学校の魅力化を図り、地域密着型の高等学校としてさらに歩みを続けます。

全国募集

 平成29年度より分校以外では県内で初めて生徒を全国から募りました。現在、大阪府、兵庫県、神奈川県出身の生徒が7名在籍しています。これからも串本古座高等学校の取組を全国に発信し、活気のある学校にしていきたいと思っています。詳しくは串本古座高等学校魅力化プロジェクト特設サイトをご覧下さい。